フォト
無料ブログはココログ

猫専門のペット食育入門講座

キャットショップさくら

猫の手作りごはん

トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の記事

2014年9月27日 (土)

尿路結石について

20140723_1


尿路結石症とは、腎臓から尿管・膀胱・尿道までの尿路のどこかで、尿に

溶けていたミネラルが溶けきれず結石が生じる疾患です。

ストラバイト結晶と呼ばれるものが多く、他にもシュウ酸カルシウム結晶

などの種類があります。

症状としては、頻繁にトイレに行く、赤い色の尿が出る、排尿時に痛がる、

オシッコが出ないなどです。

 

最近、私が特に感じることは、尿路結石症の疾患を患っている猫ちゃん

が非常に多いということです。

なかでも、ドライフードを主食にしている猫ちゃんに多いように思います。

 

そして、ペット食育士の講座で教えていただいた、こんなことまで!!

ある飼い主さんが、猫ちゃんに尿路結石症を疑わせる症状があり動物

病院へ連れて行って診ていただいたところ、ストラバイト結晶があると言

われて療法食を処方されました。そして、その療法食を食べ続けて、スト

ラバイト結晶はなくなりましたが、今度はシュウ酸カルシウム結晶が出て

しまいました。

シュウ酸カルシウム結晶は水に溶けないため、大きくなると結石が尿路

に詰まって尿路閉塞になります。

結果的には、物理的に結石を取り除くことになりました。

つまり、開腹手術をして結石を取り除かなければならないことに。

尿路閉塞になりますと、約72時間で死に至るそうです。

 

このようなことが、私のまわりでも経験されている方がいらっしゃいます。

なんて理不尽な!! 猫ちゃんがかわいそう!!

だいたい、ストラバイト結晶は水に溶けるので、水分を多く摂ることで結晶

は小さくなります。

ストラバイト結晶の化学式は、 Mg(NH4)PO4・6H2O

リン酸アンモニウムマグネシウムで、化学式からもわかるとおり、水に

溶けるのです。

そして、シュウ酸カルシウム結晶の化学式は、 CaC2O4

水に難溶性であり、塩酸および硝酸には溶解します。

 

水で溶けるストラバイト結晶は、水分を多く摂ることで解消できたのに、

療法食を食べたばかりに、水に溶けないシュウ酸カルシウム結晶ができ、

お腹を切って手術により取り除かなければならなくなったのです。

 

結石の種類は、尿がアルカリ性に傾くことでストラバイト結晶、酸性に

傾くことでシュウ酸カルシウム結晶が出やすいといわれています。

そもそも、尿路結石症の原因は何なのでしょうか?

 

尿路結石症の主な原因は、尿路の炎症が原因だといわれています。

その他、水分摂取不足や排尿を我慢すること、尿のpHの変化なども

原因の一つとして関わっているようです。

つまり、尿路に炎症が起きているということは、その炎症の原因を排除

しなければ治らないということです。

尿路に異物(菌など)があまりに多いのか、継続して侵入しているのか、

ということで炎症が起きていると考えられますので、この原因を見つけ

なければ根本的な解決にはなりません。

しかし、病院での検査で何が原因しているのかわかる例は少ないよう

です。

尿路結石症の猫ちゃんがいる飼い主さんには、きっちり原因を探って

くださる獣医さんを探してほしいと思います。

 

尿路結石症や膀胱炎の予防には、水分摂取が大切です。

本来、猫ちゃんは水を多く飲む動物ではありませんので、確実に水分を

摂取するには、食事で摂るのが一番です。

手作りごはんや市販の総合栄養食のウェットフード、またドライフードの

場合はお湯で20分ほどふやかして食べさせるのがオススメです。

 

私のところには、30匹以上の猫ちゃんたちがいますが、幸いなことに

膀胱炎や尿路結石症になったことは一度もありません。

これも手作りごはんやウェットフードを食べさせているおかげだと思っ

ております。

もちろん食事面だけではなく、清掃や消毒、健康管理にも気を使って

います。

 

ちなみに、尿路結石症ですが、

人間で尿路結石症になる方の70%以上がシュウ酸カルシウム結晶、

猫や犬で尿路結石症になる子の70%以上がストラバイト結晶だそう

です。

 

次回は、「毛玉対策について」のお話です。

 

キャットショップさくら   を  よろしくお願いいたします。

2014年9月22日 (月)

「ホウレン草」は猫ちゃんが食べたらダメ?

20140920_19

 

ホウレン草は猫ちゃんが食べたらダメなのでしょうか?

ホウレン草には、シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム

結石症の原因になるといわれているみたいです。

本当にそうなのでしょうか?

 

確かにホウレン草には多くのシュウ酸が含まれています。

シュウ酸を摂ると、水に溶けやすい性質から腸内で吸収され、血液中に

溶けて最終的に尿を作っている腎臓にたどり着き、尿中のカルシウムと

結合して、シュウ酸カルシウム結石になるということのようです。

しかし、腸内で吸収される前に、口や胃の中でカルシウムと出会ってい

れば、シュウ酸カルシウムは水に溶けにくい性質から、腸内で吸収され

ず便として排出されるということになります。


つまり、ホウレン草と一緒にカルシウムを摂れば、シュウ酸カルシウム

結石になる可能性が低くなるということで、私たちは昔から、ホウレン草

は茹でて灰汁(シュウ酸が多く含まれている)をできるだけ取り除き、

削り節とゴマ・しょうゆをかけて食べていました。

驚くことに、削り節には多くのカルシウムが含まれていて、ゴマ・しょいゆ

にもカルシウムが含まれております。

 

昔の人はえらい!!

なんの根拠もなく、シュウ酸とカルシウムを一緒に摂って、結石のリスク

を回避していたんですね。

ビックリです!

 

私が調べた結果、食べ物でシュウ酸カルシウム結石になるということが、

今現在は解明されていないということです。

大塚製薬の大塚グループのQ&Aに、ビタミンCを摂りすぎると、尿中の

シュウ酸が増え結石になるといわれた頃がありましたが、人での免疫学

調査においても、一例としてビタミンCを1,500㎎以上摂取している男性で

は、25㎎以下しか摂取していない男性に比べて、シュウ酸による膀胱結

石が少なかったという結果があります。

 

また、金沢大学の「市販緑葉野菜の硝酸およびシュウ酸含有量」の研究

紀要に、ホウレン草のシュウ酸を効率よく除去するためには、茹で水を

増やし、茹で時間は5分以内とすることが望ましいとありました。

 

よって、ホウレン草を毎日多量摂取をせず、茹で水を増やして茹でて

灰汁抜きをすれば、たまに食べさせても全く問題はないと思います。

ホウレン草は、β‐カロテンや各種のビタミンが効率よく摂れるため、

感染症の予防にも有効な食材です。

 

次回は、「尿路結石について」 のお話です。

 

キャットショップさくら  を よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

2014年9月20日 (土)

猫ちゃんは手作りごはんを食べると下痢になる?

20140810_3_2


確かに猫ちゃんが、今まで食べていたフードから手作りごはんに変えると

下痢をしたり便がゆるくなったりすることがあります。


それは手作りごはんに変えたからというより、食べ物の質が変わり腸内環境

を改善するための正常なはたらきです。

手作りごはんではなく他の種類のフードに変えても下痢をしたり便がゆる

くなったりすることがあります。

下痢や軟便になることはダメなことなのでしょうか?



腸内環境の細菌は食べ物によって変わります。下痢になったり便がゆるく

なることは腸内の環境を変えようとするはらきです。食べ物の良い悪いでは

ありません。


また、ひどい下痢が続く場合については食べ物はほとんど関係ありません。

ウイルス性疾患など病原体の感染が疑われますので、動物病院に連れて行っ

てあげてくださいね。


下痢の時は脱水が心配ですので、水分を切らさないよう注意してください。

少しの間、絶食をしたりごはんの量を減らしたりしてお腹を休めてあげる

ことも大事です。


ちなみに便秘の時は運動すると良いみたいですよ。


キャットショップさくら  を よろしくお願いいたします。

トップページ | 2014年10月 »