フォト
無料ブログはココログ

猫専門のペット食育入門講座

キャットショップさくら

猫の手作りごはん

« ミネラルのセレニウム(セレン)って必要? | トップページ | これって猫ちゃんに食べさせたらダメなの? シリーズ2 »

2014年10月16日 (木)

猫ちゃんに手作りごはんは、栄養バランスが心配?

20140818_4

 

私たち人間が、栄養バランスのことなど、細かく計算して作った

ものを食べていなくても大丈夫なのに、猫ちゃんの手作りごはん

を作るというと、急に栄養バランスが心配になるのは、なぜ?

 

「自分には栄養学の知識がないから、手作りごはんは無理。」

という方がいらっしゃいますが、栄養学の知識がなくても人間は

生きていけるのに、猫ちゃんはダメなのでしょうか?

 

人間にも猫にも、動物の身体には優れた調整機能があります。

だから私たちは、たまにファーストフードで食事をすませたり、

おやつを食べたり、朝食はパンとコーヒーだけでも大丈夫だと

思います。

では、なぜ「猫ちゃんに手作りごはん」というと、不安になるの

でしょうか?

 

その理由の一つに、猫ちゃんが食べてもいい食材、ダメな食材

がわからないというのがあると思います。

ではここで、猫ちゃんには食べさせない方がいいと言われている

食材をお伝えします。

 

・ネギ類(玉ねぎも含む)

ネギ類に含まれる有害成分のアリルプロピルジスルフィドという

成分が赤血球を壊すため、貧血を起こす危険性があるといわれて

います。

 

・チョコレート

有害成分のテオブロミンが神経を興奮させるといわれています。

 

・生卵の白身

有害成分のアビジンがビオチンというビタミンの一種の吸収を

邪魔するといわれています。

加熱すれば問題なしで、黄身と一緒に食べれば問題なしです。

 

・甲殻類(エビやカニなど)

有害成分のチアミナーゼがチアミン(ビタミンB1)の働きを邪魔

するといわれています。

加熱すれば問題なしです。

 

・じゃがいもの芽

有害成分のソラニンが吐き気や元気消失を起こす恐れがあると

いわれています。

 

甲殻類も卵の白身も加熱すれば大丈夫だということと、

チョコレートや生卵の白身、じゃがいもの芽などは、常識では

あまり食べさせないと思います。

ネギ類だけ注意していただければ大丈夫です。

このネギ類に関しても、猫ちゃんがネギ類を食べて症状が出た

という報告はないそうです。

ワンちゃんの場合は、体重○○キロの子がネギ類○○g食べる

と症状が出たという実験報告があるそうです。

つまり、手作りごはんを作るうえで、ネギ類以外は加熱すれば

たいてい大丈夫だということです。

 

理由の2つ目は、肉や野菜・穀物などをどの程度のバランスで

作ったらいいのか?ということだと思いますが、

猫ちゃんは完全肉食動物ですので、食事量の全体の6割~8割

を肉(魚・鶏・牛・豚・卵など)で構成しないと体が作れません。

つまり、タンパク質を多く必要とします。

ちなみに、ワンちゃんは雑食性ですので、肉・野菜・穀物をバランス

よく摂れば大丈夫です。

 

つまり、

ワンちゃんがキャットフードを食べると → 太る

猫ちゃんがドッグフードを食べると → 体がつくれない

ということになります。

 

栄養バランスを計算した食事を摂ったからといって、その食事が

どれだけ体内に吸収したのかわかりませんし、証明する方法も

ありません。

極端に偏った食事をせず、いろいろなものを食べさせてあげれば、

栄養バランスは崩れないと思いますので、ぜひ手作りごはんに

挑戦してほしいと思います。

ペットフードだけではなく、猫ちゃんの食事の選択肢が増えるのは

すごく良いことだと思います。それにペットフードの原料も同じ食材

だということです。

 

次回は、「これって猫ちゃんに食べさせたらダメなの?シリーズ2」

のお話です。

 

キャットショップさくら   を  よろしくお願いいたします。

« ミネラルのセレニウム(セレン)って必要? | トップページ | これって猫ちゃんに食べさせたらダメなの? シリーズ2 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2067418/57699414

この記事へのトラックバック一覧です: 猫ちゃんに手作りごはんは、栄養バランスが心配?:

« ミネラルのセレニウム(セレン)って必要? | トップページ | これって猫ちゃんに食べさせたらダメなの? シリーズ2 »